ダイヤの買取の知識「カラット」を知ろう

確実にダイヤ買取が気になりだす情報集

ダイヤの買い取りを行う際、鑑定のポイントがいくつかありますが、その中でカラットはどのような要素なのでしょう。
確実にダイヤ買取が気になりだす情報集メインimage

ダイヤの買取の知識「カラット」を知ろう

宝石類の中でもダイヤは特別な石です。

ダイヤには鑑定書がありますが、色石と呼ばれるルビーやサファイアなどについては、鑑定書ではなく鑑別書となります。

鑑定書は、「ダイヤモンドグレーディングレポート」というもので、4C「カラット・クラリティー・カット・カラー」の4Cの基準に基づきダイヤのグレードを分けた結果を記しています。

つまり、ダイヤモンドだけの書類です。

鑑別書は宝石、石の化学的検査を行い、なにからできているのかという生成起源、種類などを調べるもので、鉱石であればどのような石でも発行できるものです。

この様に、ダイヤは鉱石の中でも特殊なものでほかのいわゆる色石と呼ばれる宝石類とはしっかり区別されている特別な石という事になります。

鑑別の際に鑑別目的に利用される4Cですが、カラーは色、クラリティは透明度、カットは形状、カラットは重量について鑑別するものです。

ダイヤの買取の際にはこの4Cについて鑑定士が検査を行い、金額の決定となります。

さてこのうちのカラットですが、重さの単位としては宝石以外に利用されることがない単位です。

カラットという言葉の語源は、ダイヤの取引が活発に行われていたインドにおいて、ダイヤモンドの重量を測る際、「いなご豆の実の種」を利用したことからきています。

いなご豆はインドでカラップと呼ばれています。

このいなご豆の実の種は、乾燥させるとほぼ同じ重さになるという特性を持っているため、宝石の重量を測る際、とても便利だったのです。

秤の片方にダイヤをのせて、もう片方にいなご豆をのせることで、その個数によって重量の判定が行われていたのですね。

いなご豆の実の種、乾燥したもの1つの重さは、約0.200グラムです。

つまり、1カラットが約0.200グラムという事になります。

ダイヤはあまり大きくならない鉱石なので、大きければ大きい方がより希少価値が高いものとされているため、単純には言えませんが、カラットが大きければ買取価格も高くなると判断できます。

勿論、カラットに加えて、透明度やカラー、さらにカットの仕方などが鑑定に関係してきます。

重量に加えて、直径があるものの方が希少価値があるとされ、通常、1カラットのダイヤモンドの場合、最低直系6mm以上ある事が求められます。

これ以下となる場合、そのダイヤの鑑定の中でマイナス評価となってしまいます。

こうしたことを踏まえて、あなたが買取のお店に出そうと思っているダイヤをもう一度ご覧になってください。

もし、ダイヤ1個のカラット数が重く、さらに直径もかなり大きいという事になれば、高価買取となる可能性が高くなります。

鑑定に関しては、専門知識と経験が必要となりますので、ダイヤの買取を希望する場合、複数店舗で買取見積もりをしてもらう方が安心です。

★サイトはこちら・・・>安心査定でダイヤ買取